赤ちゃん 便秘

言葉が話せないからこそ、ママの排便チェックは大事

赤ちゃんというのは行動や笑顔で意志表示をしてくれるものですが、言葉を話すことはできません。
ですから好きな事や楽しいこと、または嫌いなものや楽しくないことを表現することができたとしても、どこかが痛かったり調子が悪いということを言葉で表現することができないので、お母さんが細かなチェックを行ってあげなくてをなりません。

 

特に小さな赤ちゃんというのは便秘をしてしまうことがあるのですが、便秘してしまうと不機嫌になり泣き止んでくれなくて困ってしまうというお母さんもいると思います。
やはり言葉が話せないのでお母さんの排便チェックというのはとても大切になります。

 

 

便秘をすると赤ちゃんがミルクを飲んだり離乳食を食べたりすることができないのでしっかりと栄養をとることができなくなってしまいますし、中には便秘で熱を出してしまう赤ちゃんもいます。

 

オムツを交換する時に必ずお母さんが排便チェックをしてあげるというのはとても大切なことになります。

 

 

排便チェックをしていて、便秘していると感じたときにはどのような対処をすれば良いのかと悩んでしまうと思いますが、余りにも長い便秘が続いているわけではないのであれば、まずはオリゴ糖を摂取させているようにしてください。
オリゴ糖は赤ちゃんの体に悪い影響を与えてしまうことがありませんし、無添加ですから安心です。
摂取させてあげれば赤ちゃんの虫歯の予防にもつながっていきます。

 

病院に連れていって、便秘をしっかりと直すことができるような薬をもらうというのも大切かもしれませんが、毎日オリゴ糖を摂取させてあげるようにすればそれだけで便秘の予防につながっていきます。