結婚適齢期とはこのくらいで結婚するのが一般的だという時期です

人は、学校を卒業すると、会社に就職するなどして、社会に出て働きます。
そして会社に出て働いて、会社から給料を貰うことによって一人前になったと言えます。
また会社に就職してから何年か勤めて仕事にも慣れてきてきたら、今度は結婚を考えます。


結婚をして異性のパートナーと新しい家庭を築くことによって第2の人生がスタートすると言えます。
そして結婚は男は18歳、女は16歳になれば法律上は結婚をすることが可能になります。


しかしいつまでに結婚をしなければいけないという決まりはありません。
結婚できる年齢を過ぎたら、自分の結婚したいという時期に結婚をすることができます。
そして結婚をする時期ですが、早い人だと20歳より前に結婚をする人もいます。


逆に40歳を過ぎても独身という人もいます。
しかし一般的には会社に就職して仕事がある程度できるようになってくる時期である20代後半から30代前半くらいに結婚をする人が一番多いと言えます。
そしてこのくらいで結婚するのが一般的だという時期を結婚適齢期と言います。